トップへ戻る English version is here Chinese version is here

藤本貴之のプロフィール 藤本貴之のメディア情報 藤本貴之の著書 藤本貴之の論文
藤本貴之の研究 藤本貴之のデザイン 藤本貴之への連絡先 藤本貴之のTwitter 藤本貴之のFacebook 藤本貴之のInstagram
取材・執筆・講演・出演等のご依頼はメールにてお気軽にご連絡ください。



【著書】
  1. (2019.2) 藤本貴之(単著)「パクリの技法」,オーム社, 総213頁
  2. (2017.3) 別冊宝島編(分担執筆)「DeNAと万引きメディアの大罪」(藤本貴之「キュレーションサイトは違法ビジネスなのか?」pp.166-178)
  3. (2016.2) 藤本貴之(単著)「だからデザイナーは炎上する」,中央公論新社, 総206頁
  4. (2013.1)安達元一, 藤本貴之(共著):"アイデアを脳に思いつかせる技術", 講談社
  5. (2011.5) Tokuro Matsuo, Takayuki Fujimoto(共編著):"E-Activity and Intelligent Web Construction: Effects of Social Design", Information Science Reference, IGI Global
  6. (2010.3) 奥村健太, 藤本貴之(共著):"映像メディアのプロになる〜テレビ業界の実像から映像制作・技法まで~", 河出書房新社
  7. (2005.2) 藤本貴之(単著):"情報デザインの想像力〜イメージの史学〜",現代数学社
【学術論文】
  1. 「コロナ禍の聖餐論オンライン聖餐式の是非とその可能性」藤本貴之, pp.16-29, 2021年2月, 理想, 705号, 理想社
  2. (SCOPUS掲載)「SNS Application with “Peeping Function” to Prevent Information Leakage on Social Media」Taishi Nemoto・Takayuki Fujimoto, pp.324–331, 2021年2月, Lecture Notes in Networks and Systems, Vol.182, No.1,Springer
  3. (SCOPUS掲載)「Design of smartphone software keyboard for sensory experience」Yui Tanaka・Takayuki Fujimoto, pp.267-276, 2021年2月, Lecture Notes in Networks and Systems, Vol.182, No.1, Springer
  4. (SCOPUS掲載)「A Support System for Habitual Journaling」Chie Shiraishi・Takayuki Fujimoto, pp.247–257, 2021年2月, Lecture Notes in Networks and Systems, Vol.182, No.1, Springer
  5. (SCOPUS掲載)「A Research of the utilization of educational space as an advertising medium」Kanata Ito・Takayuki Fujimoto, pp.342-347, 2021年1月, Lecture Notes in Networks and Systems, Vol.182, No.1, Springer
  6. 「Proposal for a Data Size Saving Office System That Can Be Stored on a Floppy Disk」Miki Sunakawa・Takayuki Fujimoto, International Journal of Computing, Communication and Instrumentation Engineering
  7. (SCOPUS掲載)「Proposal and Prototype of Video Playback Method Based on Walking Speed」Tianyu Zhu・Takayuki Fujimoto, pp.332-341, 2021年2月, Lecture Notes in Networks and Systems, Vol.182, No.1, Springer
  8. (SCOPUS掲載)「Problems with the corporate information system for work efficiency improvement」Wangjie Xu・Takayuki Fujimoto, pp.277-286, 2021年1月, Lecture Notes in Networks and Systems, Vol.182, No.1, Springer
  9. (SCOPUS掲載)「Facial Features in Stylized Images Typically Used for Face Recognition and Comparison of Impression Between Stylized Images and AI Images」Miki Sunakawa・Takayuki Fujimoto, pp.307–313, 2021年1月, Lecture Notes in Networks and Systems, Vol.182, No.1
  10. (SCOPUS掲載)「Examination of Tourism Promotion Using Online Videos」Shunsuke Aoki・Takayuki Fujimoto, pp.314-323, 2021年1月, Lecture Notes in Networks and Systems, Vol.182, No.1, Springer
  11. 「"Ready-Made Computing" for Cost-Effective Service Performance」Kazuya Murata・Takayuki Fujimoto, pp.258-266, 2021年1月, International Journal of Computer Sciences and Network Security, Vol.182, No.1
  12. (Web of Science掲載)「Construction and Operation Method of Remote Class Environment by “Ready-Made Computing”」Kazuya Murata・Takayuki Fujimoto, pp.65-71, 2020年6月, International Journal of Computer Sciences and Network Security, Vol.20, No.2
  13. (SCOPUS掲載)「Examination of Problems and Improvements of Virtual Library Systems」Xuezhen Li・Takayuki Fujimoto, pp.348–357, 2021年1月, Lecture Notes in Networks and Systems, Vol.182, No.1, Springer
  14. (SCOPUS掲載)「Interaction design for email client: user movements reflected in gesture-based operation」Ziran Fan・Takayuki Fujimoto, pp.237–246, 2021年1月, Lecture Notes in Networks and Systems, Vol.182, No.1, Springer
  15. (SCOPUS掲載)「Prototyping and Evaluation of Drawing Software to Provide Analog-Like Feeling by Sound」Yulana Watanabe・Takayuki Fujimoto, pp.297–306, 2021年1月,Lecture Notes in Networks and Systems, Vol.182, No.1, Springer
  16. 「Design of Camera Application with Physical Sensation based on Analog on Digital (AoD) Theory」Ziran Fan・Takayuki Fujimoto, pp.27-38, 2020年6月, Information Engineering Express, Vol.6, No.1,International Institute of Applied Informatics
  17. (Web of Science掲載)「Design of E-mail Client Interaction (MCI) System for Representing Physical Movements through Gesture-initiated Pressing Operation」Ziran Fan・Takayuki Fujimoto, pp.251-257, 2020年4月, International Journal of Computer Science and Network Security, Vol.20, No.4
  18. 「Digital application of analogue-like time perception mechanism based on analogue on digital theory」Ziran Fan・Takayuki Fujimoto, 2020年, International Journal of Internet Technology and Secured Transactions
  19. 「Design of Camera Application with Physical Sensation based on Analog on Digital (AoD) Theory」Ziran Fan・Takayuki Fujimoto, pp.27-38, 2020年6月, Information Engineering Express, Vol.6, No.1
  20. 「Design of E-mail Client Interaction (MCI) System for Representing Physical Movements through Gesture-initiated Pressing Operations」Ziran Fan・Takayuki Fujimoto, pp.251-257, 2020年4月, International Journal of Computer Science and Network Security, Vol.20, No.4
  21. (SCOPUS掲載)「Proposal of a “Disposable Camera” App Providing Sensory Reality of Analog Operation on Smartphone」Ziran Fan・Takayuki Fujimoto , 2019年7月, 2nd International Conference on Interaction Design and Digital Creation / Computing
  22. (SCOPUS掲載)「The Seamless Communication Mechanism both for Individuals and Groups」Taishi Nemoto・Takayuki Fujimoto , 2019年7月, 2nd International Conference on Interaction Design and Digital Creation / Computing
  23. (SCOPUS掲載)「Design of the External Smartphone Interface to Prevent Users’ Mistapping on Advertisements and Eliminate Difficulty of Reading」Yui Tanaka・Takayuki Fujimoto , 2019年7月, 2nd International Conference on Interaction Design and Digital Creation / Computing
  24. (SCOPUS掲載)「A Drawing Software that Changes User's Realistic Experience by Sounds Generated by the Combination of Tools and Materials」Yulana Watanabe・Takayuki Fujimoto, 2019年7月1, 2nd International Conference on Interaction Design and Digital Creation / Computing
  25. 「Usability Evaluation of sMouse: Software-Interface that Provides Sensory Reality of Use」Yui Tanaka・Takayuki Fujimoto, pp.36-45, 2019年11月, Information Engineering Express International Journal(IEE), Vol.5, No.2, November 2019
  26. (Web of Science掲載)「Adding Analog-like Reality to Drawing Software with Work Sound Effects」Yulana Watanabe・Takayuki Fujimoto, pp.120-129, 2019年9月, International Journal of Computer Science & Network Security,Vol.19 No.9
  27. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「Feasibility and Application of 3D-ORIGAMI Modeling System Utilizing Mobile Device」Risa Ogawa・Takayuki Fujimoto, pp.51-64, 2019年8月, International Journal of Software Innovation (IJSI), Vol7 No.3, IGI Grobal
  28. (SCOPUS掲載)「“Multiple Sightseeing Scheduling System” Enabling Tourist Guidance Specialized for Time Performance」Kazuya Murata・Takayuki Fujimoto, pp.81-101, 2019年8月, International Journal of Software Innovation (IJSI), Vol7 No.3,IGI Grobal
  29. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「Ideology of AoD: Analog On Digital-Operating Digitized Objects and Experiences with Analog-like Approach」Takayuki Fujimoto, pp.901-906, 2018年7月, 1st International Conference on Interaction Design and Digital Creation / Computing
  30. (SCOPUS掲載) (Web of Science掲載)「Proposal of a Scheduling App Utilizing Time-Perception-Reality in Analog Clocks」Ziran Fan・Takayuki Fujimoto, 2018年7月, 1st International Conference on Interaction Design and Digital Creation / Computing
  31. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「SMouse : A Development of the Analog Operability of Computer Mouse」Yui Tanaka・Takayuki Fujimoto , 2018年7月, 1st International Conference on Interaction Design and Digital Creation / Computing
  32. (SCOPUS掲載)「A Proposal for "Infinite Scale" Ruler Application that Provides Analog-like "Sensory Reality" Kazuya Murata・Eigo Ito・Takayuki Fujimoto, 2018年7月, 1st International Conference on Interaction Design and Digital Creation / Computing
  33. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「SNS as Means of Information Gathering」Taishi Nemoto・Takayuki Fujimoto, 2018年7月, 1st International Conference on Interaction Design and Digital Creation / Computing
  34. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「Prototype of word-of-mouth video SNS to support reliable and accurate information」Arisa Fujinoki・Takayuki Fujimoto, 2018年7月, 1st International Conference on Interaction Design and Digital Creation / Computing
  35. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「A Concept of Multi-lingual Translation Application」Yang Li・Takayuki Fujimoto , 2018年7月, 1st International Conference on Interaction Design and Digital Creation / Computing
  36. (SCOPUS掲載)「Proposal and Development of Artificial Personality(AP) application using the ""requesting"" mechanism」Yusuke Kanai・Takayuki Fujimoto, pp.13-24, 2018年7月, Computational Science/Intelligence and Applied Informatics (Studies in Computational Intelligence) , Springer
  37. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「Implementation of Document Production Support System with Obsession Mechanism」Ziran Fan・Takayuki Fujimoto, pp.51-64, 2018年7月, Computational Science/Intelligence and Applied Informatics (Studies in Computational Intelligence) , Springer
  38. (SCOPUS掲載)「Improvement of “Multiple Sightseeing Spot Scheduling System」Kazuya Murata・Takayuki Fujimoto, pp.123-136, 2018年7月, Computational Science/Intelligence and Applied Informatics (Studies in Computational Intelligence) , Springer
  39. (Web of Science掲載)「Proposal for a Font Changer Application Based on Results of an Impression Evaluation Experiment」Yui Tanaka・Takayuki Fujimoto, pp.120-129, 2018年8月, International Journal of Computer Science & Network Security,Vol.18 No.6
  40. 「The possibility of 3D-origmi system as a tourism promotion tool for Japan」Risa Ogawa・Takayuki Fujimoto, pp.1-10, 2018年2月, Journal of Advanced Research in Social Sciences and Humanities, Volume 3, Issue 1
  41. 「Construction of knowledge base to visualize the cross-cultural difference over information」Ziran Fan・Takayuki Fujimoto, pp.11-22, 2018年2月, Journal of Advanced Research in Social Sciences and Humanities, Volume 3, Issue 1
  42. (SCOPUS掲載)「Implementation and Evaluation of Document Production Support System “DLO-Editor” with Obsession Mechanism」Ziran Fan・Takayuki Fujimoto, pp.233-240, 2017年8月, International Conference on Systems Engineering
  43. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「Development of “Multiple Sightseeing Spot Scheduling System” and Evaluation Experiment」Kazuya Murata・Takayuki Fujimoto, pp.241-246, 2017年8月, International Conference on Systems Engineering
  44. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「The Proposal of Educational Smartphone Applicationfor Kaleidoscope Experience」Taishi Nemoto・Takayuki Fujimoto, pp.349-353, 2017年8月, International Conference on Systems Engineering
  45. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「Proposal of Expressive SNS Application with Font Adjustment Function」Yui Tanaka・Takayuki Fujimoto, pp.256-260, 2017年8月, International Conference on Systems Engineering
  46. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「Development of Strawberry Picking Appsfor Foreign Tourists」Arisa Fujinoki・Takayuki Fujimoto, pp.199-204, 2017年8月, International Conference on Systems Engineering
  47. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「Proposal and Development of Artificial Personality(AP) Application Using the “Requesting” Mechanism」Yosuke Kanai・Takayuki Fujimoto, pp.13-24, 2017年8月, the Studies in Computational Intelligence book series, volume 726, Springer
  48. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「The development and evaluation for Japanese “Origami” application with 3D expression」Risa Ogawa・Takayuki Fujimoto, pp.343-348, 2017年8月, International Conference on Systems Engineering
  49. (SCOPUS掲載)「The realization of 3D modeling system for Japanese Origami」Risa Ogawa・Takayuki Fujimoto, pp.204-209, 2017年7月, International Conference on Computational Science/ Intelligence & Applied Informatics
  50. (Web of Science掲載)「Multi Modification Design Model: New Visual Expression by a Computer without CG Technology」Takayuki Fujimoto・Motoichi Adachi, pp.94-100, 2016年7月,International Journal of Computer Science and Network Security, Vol.16 No.6
  51. 「情報をわかりやすくするデザイン:情報デザインは『何であって』『何でない』のか」藤本貴之, pp.450-456, 2015年11月, 情報の科学と技術 Vol.65 No11, 情報科学技術協会
  52. (Web of Science掲載)「Putting SDSS into Practical Use: A Creativity Support System to Enable a State of “Mental Alertness”」Motoichi Adachi・Takayuki Fujimoto, pp.1-9, 2015年11月, International Journal of Computer Science and Network Security, Vol.15 No.11
  53. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「SDSS : Proposal on Feeding Support Application Software which Enables the User to Create a State of “Mental Alertness”」Motoichi Adachi・Takayuki Fujimoto, pp.513-518, 2015年6月, IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science
  54. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「Proposal of Multiple Travel Scheduling System based on Inverse Operation」Method Kazuya Murata・Takayuki Fujimoto, pp.503-507, 2015年6月, IEEE/ACIS INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTER AND INFORMATION
  55. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「A proposal of Programming Education System using Mechanical Calculator Mechanism」Eigo Ito・Takayuki Fujimoto, pp.509-512, 2015年6月, IEEE/ACIS INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTER AND INFORMATION
  56. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「Proposal of programming creation application using road signs by smartphones」Reiko Kuwabara・Takayuki Fujimoto, pp.497-502, 2015年6月, IEEE/ACIS INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTER AND INFORMATION
  57. (SCOPUS掲載)「A Proposal of the System to Stop a Decline of the Interest of Great East Japan Earthquake」Koji Fujita・Takayuki Fujimoto, pp.519-523, 2015年6月, IEEE/ACIS INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTER AND INFORMATION
  58. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「Development of Avatar creation Smartphone Application reflecting expression of Japanese comics character」Reiko Kuwabara・Takayuki Fujimoto, pp.48-52, 2015年1月, International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking
  59. (SCOPUS掲載)「Prototype Development of Integrative Education Environmental System Using Smart Phone and Proposal of Operational Model」 Kazuya Murata・Takayuki Fujimoto, pp.92-93, 2015年1月,International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking
  60. (SCOPUS掲載)「Proposal of Appreciation Support System to Reflect the Opinion of Visitor About Art Objects in Art Museum」Koji Fujita・Takayuki Fujimoto, pp.94-95, 2015年1月, International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking
  61. 「情報デザインの理論的枠組を導入したアクティヴ・ライブラリモデル」藤本貴之・松尾徳朗, pp.9-15, 2014年4月, パーソナルコンピュータ利用技術学会論文誌 Vol.9,No.1/2, パーソナルコンピュータ利用技術学会
  62. (Web of Science掲載)「”Integrative Education Environmental System” Operated by Active Learning System Using Smart Phone」Kazuya Murata・Takayuki Fujimoto, pp.22-30, 2014年2月, International Journal of Computer Science & Network Security,Vol.14, No.02
  63. (SCOPUS掲載)「A Proposal of Intuitive and Immediate Emoticons System to Do Non-verbal Communication with Smartphones」Eigo Ito・Takayuki Fujimoto, pp.335-339, 2013年1月, IEEE International Conference on Intelligent Systems, Modeling and Simulation
  64. (SCOPUS掲載)「A Development of SNS Which Used the Japanese Historical Government System」Hideaki Hashimoto・Takayuki Fujimoto, pp.132-136, 2013年1月, IEEE International Conference on Intelligent Systems, Modeling and Simulation
  65. 「情報デザイン3.0へ〜「伝える」ための情報デザイン〜」藤本貴之, pp.41-45, 2013年1月, Re(Re Building), Vol.177, (財)建築保全センター
  66. 66.(SCOPUS掲載)「Proposal and Development Prototype of Markers-type Mouse Mystem with Considering Practical and Entertainment」Kazuya Murata・Takayuki Fujimoto, pp.538-542, 2012年7月,International Conference on Software Engineering Research and Practice
  67. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「Scenario-Based Career Path Decision Support Services in Human Capital Development」Tokuro Matsuo・Yoshihito・Takanori Terashima・Takayuki Fujimoto, pp.15-25, 2012年3月, International Journal of Human Capital and Information Technology Professionals, Vol.3, No.1
  68. 「学務情報機構における多属性嗜好表明システムデザイン」橋浦悠二・藤本貴之・寺島賢紀・高橋里司・齋藤義人・松尾徳朗, pp.8-17, 2011年4月, パーソナルコンピュータ利用技術学会論文誌,Vol.5 No.1
  69. (SCOPUS掲載)「Qualitative Simulation Models for Non-Autonomous」Systems Yuji Hashiura・Takayuki Fujimoto・Tokuro Matsuo, pp.392-397, 2011年8月, International Conference on Systems Engineering
  70. (SCOPUS掲載)「A Push Delivery from University Library」Takanori Terashima, Tokuro Matsuo・Takayuki Fujimoto, pp.406-410, 2011年5月,ACIS/JNU International Conference on Computers, Networks, Systems and Industrial Engineering
  71. 「フリーハンド描画による直感的インタフェースシステムの提案と構築」藤本貴之・鈴木文子, pp.53-56, 2010年6月, コンピュータ&エデュケーション, Vol.28, コンピュータ利用教育学会
  72. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「Analogical Thinking based Instruction Method in IT Professional Education」Tokuro Matsuo・Takayuki FUJIMOTO, pp.1-14, 2010年9月, International Journal of Human Capital and Information Technology Professionals,Vol.1, No.3
  73. 「履修モデルの発見に基づく意思決定支援機構 」齋藤義人・寺島賢紀・藤本貴之・松尾徳朗, pp.1-7, 2010年4月, パーソナルコンピュータ利用技術学会論文誌,Vol.4 No.1, パーソナルコンピュータ利用技術学会
  74. (SCOPUS掲載)「A Lecture Allocation Method Based on Multi-Leveled Value Model」Yoshihito Saito・Takayuki Fujimoto・Tokuro Matsuo, pp.3-9, 2009年12月, ACIS International Conference on Software Engineering Research, Management and Applications Technical Program
  75. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「A Textbook Editor based on a Customware Service」Yoshihito Saito, Tokuro Matsuo・Takayuki Fujimoto, pp.358-363, 2009年8月, IEEE International Workshop on Information Technology for Innovative Services
  76. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「Collaborative Report Creation System for Industrial Use」Dzulqarnain Nasir, Tokuro Matsuo・Takayuki Fujimoto, pp.631-636, 2009年5月, ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence,Networking and Parallel/Distributed Computing
  77. 「産学連携・映像メディア教育プログラムの実践とそのねらい-東洋大学総合情報学部『産学連携・映像メディア講座』の試み-」藤本貴之・奥村健太・藤原道夫, pp.77-80, 2009年12月, コンピュータ&エデュケーション, Vol.27, コンピュータ利用教育学会
  78. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「A New Negotiation Mechanism for Agent-based Lecture Allocation Systems」Yoshihito SAITO・Takayuki Fujimoto・Tokuro Matsuo, pp.639-644, 2008年8月,IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science
  79. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「Multi-sided matching lecture allocation mechanism」Yoshihito Saito・Takayuki Fujimoto・Tokuro Matsu, pp 299-308, 2008年, Studies in Computational Intelligence, Springer
  80. 「企業における危機管理教育のための支援システムの検討」高橋里司・藤本貴之・松尾徳朗, 2008年12月, コンピュータ&エデュケーション,Vol.25, コンピュータ利用教育学会
  81. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「An Analogical Thinking Based New Software Engineering Education Methodology」Tokuro Matsuo・Takayuki Fujimoto, pp.77-86, 2008年, Computer and Information Science, Springer
  82. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「A University Management Analysis System for Qualitative Strategy Planning」Tokuro Matsuo・Takayuki Fujimoto, pp.177-182, 2008年8月, International Conference on Systems Engineering
  83. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「Risk Management Education Support System in Company」Satoshi Takahashi, Dzulqarnain Nasir・Takayuki Fujimoto, Tokuro MATSUO, pp.137-142, 2008年7月, IEEE International Conference on Information Reuse and Integration
  84. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「Electronic Learning Support System based on Analogy Reuse」Tokuro Matsuo・Takayuki Fujimoto, pp.341-344, 2008年7月, IEEE International Conference on Information Reuse and Integration
  85. 「『萌え』における現実と非現実 -オタク、ナード、ギーク、萌え」藤本貴之, pp.122-129, 2008年11月, 國文學, 第53巻16号, 2008年11月号, 學燈社
  86. 「九〇年代のネオテニー-あるいは、現象としての『中島らも』」藤本貴之, pp.183-192, 2008年2月, ユリイカ, 2月号, 青土社
  87. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「A Design on Collaborative-Cooperative Document Edit System based on Cognitive Analyses」Takayuki Fujimoto・Dzulqarnain Nasir・Tokuro Matsuo , pp.661-666, 2008年8月, IEEE/ACIS INTERNATIONAL CONFERENCE ON COMPUTER AND INFORMATION SCIENCE
  88. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「A New Cooperative Communication System in Distance Education」Tokuro Matsuo・Takayuki Fujimoto, pp.943-948, 2007年7月, IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science
  89. 「情報推薦機関としてのライブラリモデル」松尾徳朗・藤本貴之, pp.256-260, 2007年5月, 情報の科学と技術, Vol.57, No.5, 情報科学技術協会
  90. 「情報宇宙の彼方へ -澁澤龍彦の現代性- 」藤本貴之, pp.184-189, 2007年8月, ユリイカ, 8月号, 青土社
  91. 「情報デザイン概念に基づく教育モデルの検討」藤本貴之・松尾徳朗, pp.94-99, 2007年6月, コンピュータ&エデュケーション, Vol.22, コンピュータ利用教育学会
  92. (Web of Science掲載)「An Approach to Cooperative research Paper Writing/Edit System based on the Interactive-Edit Method 」Takayuki Fujimoto・Tokuro Matsuo, pp.15-20, 2007年3月, International Journal of Computer Science and Network Security,Vol.7 No.3
  93. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「A Campus Information Processing based on Educational Resources Reuse and Integration」Takayuki Fujimoto・Tokuro Matsuo, pp.850-855, 2007年7月, IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science
  94. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「A Campus Information Processing based on Educational Resources Reuse and Integration」Takayuki Fujimoto・Tokuro Matsuo, pp.850-855, 2007年7月, IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science
  95. 「通信制大学等における遠隔論文作成支援/指導支援システムの提案」藤本貴之・松尾徳朗, pp.197-200, 2006年1月, 日本教育工学会論文誌, 29巻, 日本教育工学会
  96. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「A Web-based Cooperative Research Paper Edit System」Takayuki Fujimoto・Tokuro Matsuo, pp.354-360, 2006年6月, ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence,Networking,and Parallel/Distributed Computing
  97. (Web of Science掲載)「A New Lecture Allocation Support System based on Users' Multiple Preferences in Campus Information Systems」Tokuro Matsuo・Takayuki Fujimoto, pp.245-256, 2006年6月, International Journal of Computational Intelligence and Applications,Vol.6, No.2
  98. (Web of Science掲載)「An Effective Class Organization Support System based on Multi-attribute Utility Theory」Tokuro Matsuo・Takayuki Fujimoto, pp.102-107, 2006年3月, International Journal of Computer Science and Network Security,Vol.6, No.1
  99. 「Ie-Web: Webベース相互編集型協調的論文作成支援システム」藤本貴之・松尾徳朗, pp.110-115, 2005年11月, コンピュータ&エデュケーション,Vol.19, コンピュータ利用教育学会
  100. 「Class Coordinator:選択科目クラス編成支援システム」松尾徳朗・藤本貴之, pp.51-58, 2005年3月, 日本ヒューマンインターフェイス学会論文誌,Vol.7, No.3, 日本ヒューマンインターフェイス学会
  101. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「An Effective Lecture/Class Allocation Method based on Users' Profiles in Elective Subjects」Tokuro Matsuo・Takayuki Fujimoto, pp.160-165, 2005年8月, IEEE International Conference on Information Reuse and Integration
  102. (SCOPUS掲載)(Web of Science掲載)「A Lecture Allocation Support System for Elective Subjects-based Curricula」Tokuro Matsuo・Takayuki Fujimoto, pp.48-54, 2005年8月, International Conference on Computational Intelligence and Multimedia Applications
  103. 「選択科目における学生の嗜好性に基づいた授業選択/クラス編成支援システム」藤本貴之・松尾徳朗, pp.88-94, 2004年6月, コンピュータ&エデュケーション, Vol.16, コンピュータ利用教育学会
  104. 「相互扶助概念としてのインターネット・アクセシビリティ-視覚障害者にもアクセシブルなWebsite の構築から-」藤本貴之・林幸夫, pp.76-83, 2002年5月, コンピュータ&エデュケーション, Vol.12, コンピュータ利用教育学会
  105. 「知識社会における教育概念の再構築-情報/知識概念の再読から-」藤本貴之, pp.79-88, 2001年12月, 情報文化学会誌, Vol.8 No.1, 情報文化学会
  106. 「オープンソースによる教育情報データベース構築に向けて」藤本貴之, pp.77-83, 2001年11月, コンピュータ&エデュケーション, Vol.11, コンピュータ利用教育学会

  107. 合計106件(うち査読付102件、SCOPUS掲載論文66件、Web of Science掲載論文46件)
【学会発表】
2008 - present
  1. 「Design of Next-generation Virtual Library for Free Movement in a 360-degree Perspective」2021年3月, PATTAYA 23rd International Conference on Science, Engineering, Technology and Natural Resources (SETNR-21)
  2. 「Proposal for a Data Size Saving Office System That Can Be Stored on a Floppy Disk」2021年3月, PATTAYA 23rd International Conference on Science, Engineering, Technology and Natural Resources (SETNR-21)
  3. 「The Development of Visualization of Transmedia Storytelling Projects with a Tree Structure」2021年3月, PATTAYA 23rd International Conference on Science, Engineering, Technology and Natural Resources (SETNR-21)
  4. 「Proposal of Heartbeat-transmitting Application for Long-distance Communication」, 2020年12月, The 2020 International Conference on Computational Science and Computational Intelligence
  5. 「Visual verification of the use of educational space as advertising medium in consideration of display position」, 2020年12月,The 2020 International Conference on Computational Science and Computational Intelligence
  6. 「Design of Humanity by the Concept of Artificial Personalities」, 2020年12月,The 2020 International Conference on Computational Science and Computational Intelligence
  7. 「Designing a composite platform for operational efficiency」, 2020年12月,The 2020 International Conference on Computational Science and Computational Intelligence
  8. 「 Data-Saving office System That Can Be Stored on a Floppy Disk」,2020年12月,The 2020 International Conference on Computational Science and Computational Intelligence
  9. 「Design and Application of the Prevention Model based on the Examination of Academic Plagiarism」, 2020年12月,The 2020 International Conference on Computational Science and Computational Intelligence
  10. 「Touch a paper System Design for Reading Utilizing Physical Touch」,2020年12月,The 2020 International Conference on Computational Science and Computational Intelligence
  11. 「Visualized Model using a Tree Structure for a Transmedia Storytelling Project Design」,2020年12月,The 2020 International Conference on Computational Science and Computational Intelligence
  12. 「The development of visualization of transmedia storytelling projects with a tree structure」,2020年12月,International Journal of Computing, Communication and Instrumentation Engineering (IJCCIE)
  13. 「SDGsのための情報格差を考慮したインタフェースデザイン」 2020年12月,電子情報通信学会 第185回マルチメディア通信と分散処理,Vol.2020-DPS-185, No.15, pp.1-6
  14. 「『ネット炎上』の発生要因とその分析に基づくデータベースの試作 」2020年12月,電子情報通信学会 技術と社会・倫理研究会, 日本大学
  15. 「スマートフォンのマウス化アプリケーションのデザインと そのパクリ抑止の可能性」2020年12月,情報処理学会 第130回情報基礎とアクセス技術・第108回ドキュメントコミュニケーション合同研究発表会、東京工業大学大岡山キャンパス
  16. 「 A Method of Implementing the Sensation of Operating Analog Tool on Smartphone」,2019年8月,The 17th International conference on Scientific Computing (CSC'19), USA
  17. 「Construction of Remote Class Environment by "Low-Cost Computing" and Introduction of Class Support Application 」,2019年8月,The 17th International conference on Scientific Computing (CSC'19), USA
  18. 「An SNS Mechanism to Highlight Low-profile Information」,2019年8月,The 17th International conference on Scientific Computing (CSC'19), USA
  19. 「Definition of "Internet Flaming" and Prototype Case Database」,2019年8月,The 17th International conference on Scientific Computing (CSC'19), USA
  20. 「Factors to Provide "Real Feel" that Accompanies the Use of Analog Devices」,2019年8月,The 17th International conference on Scientific Computing (CSC'19), USA
  21. 「Proposal of Smartphone Usage Control Application Linked with Camera Function」,2019年8月,The 17th International conference on Scientific Computing (CSC'19), USA
  22. 「Optimization of Analog Representation in Digital Media for Book Apps」,2019年4月,IIAI-International Conference on Applied Informatics and Media Design (IIAI-AIMD2019), USA
  23. 「Design of an Interface Supporting “Reading” Function on Smartphones」,2019年4月,IIAI-International Conference on Applied Informatics and Media Design (IIAI-AIMD2019), USA
  24. 「A Proposal for Communication System to Express Specific Nouns and Basic Actions in a Single Stroke」,2019年4月,IIAI-International Conference on Applied Informatics and Media Design (IIAI-AIMD2019), USA
  25. 「Digital Business Card Application Based on Face-to-Face Exchange」,2019年4月,IIAI-International Conference on Applied Informatics and Media Design (IIAI-AIMD2019), USA
  26. 「A Mechanism of Drawing Software that Provides a “Real Feel”」,2019年4月,IIAI-International Conference on Applied Informatics and Media Design (IIAI-AIMD2019), USA
  27. .「Building an Analog Application to Limit Excessive Use of Smartphones」, 2019年4月,IIAI-International Conference on Applied Informatics and Media Design (IIAI-AIMD2019), USA
  28. 「Proposal of the prevention mechanism and application design to check for plagiarism in research papers」,2019年1月,2019 3rd International Conference on Control Engineering and Artificial Intelligence(CCEAI 2019)
  29. 「Proposal of Physical Control Interface for smartphones to Improve Readability」, 2019年1月,2019 3rd International Conference on Control Engineering and Artificial Intelligence(CCEAI 2019)
  30. 「"Prototype application to provide GDPR compliant information security guideline」, 2019年1月,2019 3rd International Conference on Control Engineering and Artificial Intelligence(CCEAI 2019)
  31. 「Optimized Visual Communication Method Based on Use Situations」,2019年1月,2019 3rd International Conference on Control Engineering and Artificial Intelligence(CCEAI 2019)
  32. 「"Design of Smartphone Application that Delivers User’s Last Will by SNS Linkage Function」, 2019年1月,2019 3rd International Conference on Control Engineering and Artificial Intelligence(CCEAI 2019)
  33. 「百人一首の美少女キャラ擬人化アプリケーション「ひゃくにんいっちゅ」の開発」,2018年3月,情報処理学会第108回ドキュメントコミュニケーション研究発表会,東京工業大学大岡山キャンパス
  34. 「A Proposal of a Communication System Expressing Basic Motions and Proper Nouns in a Single Stroke」,2018年12月, International Conference on Science & Technology Research, Thailand
  35. 「A method to control children's smartphone use based on the motif of analog fuel system」,2018年12月, International Conference on Science & Technology Research, Thailand
  36. 「Proposal of a Design Method to Apply the Analog Features to Digital Media」,2018年8月,The 2nd International Conference on Applied Cognitive Computing (ACC'18)
  37. 「Designing Social Network Application Specialized for Word-of-Mouth Video Sharing to Reflect the Latest Youth Trends」,2018年8月,The 2nd International Conference on Applied Cognitive Computing (ACC'18)
  38. 「Proposal for SNS Application to Relieve Influence from Postings with Approval-desire」,2018年8月,The 2nd International Conference on Applied Cognitive Computing (ACC'18)
  39. 「Proposal for 9-Squares Shogi Application Utilizing 3D Hologram」,2018年8月,The 2nd International Conference on Applied Cognitive Computing (ACC'18)
  40. 「Construction of Remote Class System that Enables Interactive Communication and Comparison Existing Remote Class System」,2018年8月,The 17th Int'l Conf on e-Learning, e-Business, Enterprise Info Systems, & e-Government (EEE'18), USA
  41. 「The problem of content design in the Internet age: How do theft and plagiarism happen?」,2017年12月,7th International Conference on Innovative practices in Business, Social Sciences and Humanities research, Dubai, UAE
  42. 「Construction of remote class environmentthat enables interactive communication especially for active learning」,2017年12月,7th International Conference on Innovative practices in Business, Social Sciences and Humanities research, Dubai, UAE
  43. 「The SNS Application to Let Reaction Accelerate by Setting the Expiration Date for a Message」,2017年12月,7th International Conference on Innovative practices in Business, Social Sciences and Humanities research, Dubai, UAE
  44. 「The possibility of 3D-ORIGMI system as a tourism-promotion tool for Japan」,2017年12月,7th International Conference on Innovative practices in Business, Social Sciences and Humanities research, Dubai, UAE
  45. 「A proposal of word-of-mouth SNS application using 3-seconds video」,2017年12月,7th International Conference on Innovative practices in Business, Social Sciences and Humanities research, Dubai, UAE
  46. 「Implementation of Font Change Application for SNS by Image Selection」,2017年12月,7th International Conference on Innovative practices in Business, Social Sciences and Humanities research, Dubai, UAE
  47. 「Construction of Knowledge Base to Visualize the Cross-Cultural Difference over Information」,2017年12月,7th International Conference on Innovative practices in Business, Social Sciences and Humanities research, Dubai, UAE
  48. 「Proposal of new type of text input system for smartphones」,2017年12月,7th International Conference on Innovative practices in Business, Social Sciences and Humanities research, Dubai, UAE
  49. 「『折り紙』文化を学ぶための外国人向け3D体感システム」, 2017年3月,情報処理学会 第139回コンピュータと教育研究会発表会, 津田塾大学
  50. 「Development of a Idol Entertainment Application with Focus on "Hagashi" Act」,2016年7月,The 14th International Conference on Software Engineering Research and Practice, USA
  51. 「Proposal of the Killing Time Smartphone Apps for Optimize the Lifestyle of Smartphone Users」,2016年7月,The 14th International Conference on Software Engineering Research and Practice, USA
  52. 「The Study of a Way to Solve a Problem with Design Thinking」,2016年7月,The 12th International Conference on Frontiers in Education: Computer Science and Computer Engineering, USA
  53. 「SDSS: Smart Diet Support System Creativity Support System Development and Evaluation」,2016年7月,The 12th International Conference on Frontiers in Education: Computer Science and Computer Engineering, USA
  54. 「Development of "Multiple Sightseeing Spots Scheduling System" and Comparison with the Existing Sightseeing」, Methods 2016年7月,The 14th International Conference on Software Engineering Research and Practice, USA
  55. 「『折り紙』の三次元体感を実現するモバイルデバイス/アプリケーションの設計」,2016年12月,情報処理学会 第185回知能システム研究発表会, 名古屋工業大学
  56. 「“Deadline Obsession(DLO)”のメカニズムを用いた業務効率化テキストエディタの試作」,2016年12月,情報処理学会 第185回知能システム研究発表会, 名古屋工業大学
  57. 「『頼られる』メカニズムに基づくArtificial Personality(AP)アプリケーションの提案」,2016年12月,情報処理学会 第185回知能システム研究発表会, 名古屋工業大学
  58. 「『剥がし』行為に着目したアイドル・エンターテインメントアプリケーション」,2015年12月,情報処理学会第38回エンタテインメントコンピューティング研究発表会,ヤフー株式会社
  59. 「東日本大震災の関心低下を防ぐための当時情報の再構築による『記憶の保存』システム」,2015年7月,情報処理学会,インターネットと運用技術研究会 平成27年度第2回研究会, 2015-IOT-30(9), 岐阜
  60. 「機械式計算機のメカニズムを用いたプログラミング教育の提案」, 2015年6月, 情報処理学会第132回情報システムと社会環境研究会,青山学院大学
  61. 「スケジュール逆算型観光案内アプリケーションシステムの提案」, 2015年6月,情報処理学会第132回情報システムと社会環境研究会,青山学院大学
  62. 「道路標識をメタファーにしたプログラミング支援システムの提案」, 2015年6月,情報処理学会第132回情報システムと社会環境研究会合,青山学院大学
  63. 「Proposal of Multi View Programming」,2015年3月,The Third International Conference on E-Technologies and Business on the Web, France
  64. 「Proposal on Feeding Support Application Software based on Research into the Effect of a Fasting State on Mental Alertness」,2014年7月,The International Conference on Software Engineering Research & Practice, USA
  65. 「Prototype Development of Integrated Class Assistance Application Using Smart Phone」,2014年7月,The 2014 International Conference on Frontiers in Education: Computer Science and Computer Engineering, USA
  66. 「Development of Prototype System for the Art Appreciation Support System to Integrate Visitors into Art Objects in Real Time」,2014年7月,The 2014 International Conference on Frontiers in Education: Computer Science and Computer Engineering, USA
  67. 「Construction and Verification of SNS Which Used the Japanese Historical Government System 2014年7月,The 2014 International Conference on Internet Computing and Big Data, USA
  68. 「Proposal of Avatar Generation System based on design according to generation of comic character」,2014年7月,The International Conference on Software Engineering Research & Practice, USA
  69. 「リアルタイム動画と背景静止画を融合するスケール調整手法の開発 」,2014年3月,電子情報通信学会, 情報ネットワーク研究会3月,研究会,宮崎シーガイア
  70. 「スマートフォンを用いた統合的授業支援アプリケーションの設計」, 2014年1月,情報処理学会 第101回人文科学とコンピュータ研究会発表会,同志社大学
  71. 「Proposal of The Integrative Class Assistance System Using Smart Phone」,2013年7月,The12th International Conference on e-Learning,e-Business,Enterprise Information Systems,and e-Government,USA
  72. 「Proposal on Divergent Web Search Engine with Mandal-Art」,2013年7月,The 14th International Conference on Internet Computing, USA
  73. 「Proposal of Camera Apps which Taking Person's Super Deform Picture Become Reality」,2013年7月,The 11th International Conference on Software Engineering Research and Practice, USA
  74. 「Proposal of the Digital Art Watching System Letting Picture and Visitor Fuse in Real Time」,2013年7月,The 17th International Conference on Computer Graphics and Virtual Reality, USA
  75. 「スマートフォンをガラパゴス携帯電話化するアプリケーションの実現」, 2013年12月,情報処理学会・第126回情報システムと社会環境研究発表会,室蘭工科大学
  76. 「人物のスーパーデフォルメを実現するスマートフォンカメラアプリケーションの提案」,2013年12月,情報処理学会・第126回情報システムと社会環境研究発表会,室蘭工科大学
  77. 「ヘルスケア機能と広告視聴を強制するモバイルアプリケーション広告システムの提案」,2013年3月,INTERACTION 2013, 情報処理学会,日本科学未来館
  78. 「Development of a Mobile Application Advertisement System That Lead a Health Care Function and the Advertisement」,2013年1月,IEEE 4th International Conference on Intelligent Systems, Modeling and Simulation, Thailand
  79. 「Emoticons Construction System for Informal Text-Communication」,2013年1月,2013 International Workshop on Advanced Image Technology(IWAIT), Nagoya, Japan
  80. 「About data processing becomes light by make thumbnail of video image」,2013年1月,2013 International Workshop on Advanced Image Technology(IWAIT), Nagoya, Japan
  81. 「Environmental Construction for Class Use of Smart Phone that Restricts “Inappropriate Use”」,2013年1月,2013 International Workshop on Advanced Image Technology(IWAIT), Nagoya, Japan
  82. 「A Proposal of SNS Which Used the Japanese Historical Government System」,2013年1月,2013 International Workshop on Advanced Image Technology(IWAIT), Nagoya, Japan
  83. 「充電連動型スマートフォン広告システムの提案 」,2012年11月,第7回JPCATS全国大会,コンピュータ利用技術学会,立正大学
  84. 「感情の輪に基づいた顔文字選択支援システムの提案」, 2012年11月,第7回JPCATS全国大会,コンピュータ利用技術学会,立正大学
  85. 「“授業目的外利用”を制限した授業補助システムのための環境構築」, 2012年11月,第7回JPCATS全国大会,コンピュータ利用技術学会,立正大学
  86. 「効果的な『自撮写真』撮影のための支援システムに向けた日本人女性の顔面構成要素データベースの構築」, 2012年11月,第7回JPCATS全国大会,コンピュータ利用技術学会,立正大学
  87. 「「五人組制度」をモチーフとした情報集約型SNSシステムの提案 」,2012年11月,第7回JPCATS全国大会,コンピュータ利用技術学会, 立正大学
  88. 「ブック型スマートフォン・アプリ制作支援アプリケーションの提案と試作 」,2012年11月,第7回JPCATS全国大会,立正大学,コンピュータ利用技術学会
  89. 「スマートフォンの空間性を用いたロール式スケジュール管理システム 」,2012年3月,情報処理学会 第147回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会,北陸先端科学技術大学院大学・東京サテライトキャンパス
  90. 「A Proposal of New Internet Broadcast System with Social Communication」,2012年7月,The 13th International Conference on Internet Computing, USA
  91. 「A proposal of New Scheduling System on Smartphone with Interactive」,2012年7月,The 10th International Conference on Software Engineering Research and Practice, USA
  92. 「A proposal of mobile communication system using intuitive pictogram」,2012年3月,The 4th IEEE International Conference on Digital Game and Intelligent Toy Enhanced Learning 2012, Kagawa, Japan
  93. 「プロダクトプレイスメント手法を用いたインターネット広告手法の提案」, 2011年11月,第6回JPCATS全国大会,大東文化大学,コンピュータ利用技術学会
  94. 「ロール式空間把握によるスケジュール管理システムの提案」, 2011年11月,第6回JPCATS全国大会,大東文化大学,コンピュータ利用技術学会
  95. 「大学生の『携帯メール』の利用実態に関する研究 」,2011年11月,第6回JPCATS全国大会,大東文化大学,コンピュータ利用技術学会
  96. 「動画のサムネイル化による疑似再生を用いた非常時映像配信システムの提案」,2011年11月,第6回JPCATS全国大会,大東文化大学,コンピュータ利用技術学会
  97. 「テキストチャット連動型動画広告システムの提案」, 2011年11月,第6回JPCATS全国大会,大東文化大学,コンピュータ利用技術学会
  98. 「手ータベース:身体パーツ手を対象とした画像データベースの構築 」,2011年11月,第6回JPCATS全国大会,大東文化大学,コンピュータ利用技術学会
  99. 「エンタテインメント性と実用性を考慮したステッカー型マウスシステムの提案とその試作 」,2011年8月,情報処理学会 第21回エンタテインメントコンピューティング研究会,北海道大学
  100. 「情報の一次接触を重視した動画視聴システムの提案と試作 」,2011年8月,情報処理学会 第21回エンタテインメントコンピューティング研究会,北海道大学
  101. 「ピクトグラムを用いた直観的モバイル・コミュニケーションシステムの提案」,2011年8月,情報処理学会 第21回エンタテインメントコンピューティング研究会,北海道大学
  102. 「継続的な広告視聴を実現する映像配信システムの構築 」,2011年8月,情報処理学会 第21回エンタテインメントコンピューティング研究会,北海道大学
  103. 「直感性を考慮したマッシュアップ型絵本作成支援システムの構築 」,2011年8月,情報処理学会 第21回エンタテインメントコンピューティング研究会,北海道大学
  104. 「リアルタイム映像の共有に基づくコミュニケーション型ブロードキャストシステム」,2011年3月,第142回 情報処理学会ヒューマンコンピュータインタラクション研究会,筑波大学
  105. 「3Dディスプレイを用いたリアルタイムな局所立体視手法の提案とその試作」,2011年3月,第142回 情報処理学会ヒューマンコンピュータインタラクション研究会,筑波大学
  106. 「オリジナル絵本作成支援システムの提案 」,2011年3月,情報処理学会 第73回全国大会,東京工業大学,コンピュータ利用技術学会
  107. 「ウィンドウの表現性を拡張するインターフェースの提案」, 2011年3月,情報処理学会 第73回全国大会,東京工業大学
  108. 「『広告・広報・宣伝』効果を意識した大学発インターネット放送局設計」, 2011年3月,情報処理学会 第73回全国大会,東京工業大学
  109. 「閲覧情報のリアルタイム共有による映像娯楽システムの提案 」,2011年3月,情報処理学会 第73回全国大会,東京工業大学
  110. 「Career Decision Support System based on Campus Information Reuse」,2010年11月,International Conference on E-Activity and Leading Technologies 2010 (E-ALT 2010), Spain
  111. 「バイナルグラフィクスを実装した自動車装飾の傾向分析とその分類手法」, 2010年11月,第5回JPCATS全国大会,跡見学園女子大学,コンピュータ利用技術学会
  112. 「東洋大学インターネット放送局“Toyo-MTV”の試み」, 2010年11月,第5回JPCATS全国大会,跡見学園女子大学,コンピュータ利用技術学会
  113. 「国際会議実施運営の効果的な広報・広告手法に関する研究」, 2010年11月,第5回JPCATS全国大会,跡見学園女子大学,コンピュータ利用技術学会
  114. 「日本旅館における効果的な国際会議実施運営に関する研究」, 2010年11月,第5回JPCATS全国大会,跡見学園女子大学,コンピュータ利用技術学会
  115. 「パズル型認識による三次元グラフィックス辞書システムの開発 」,2010年3月,情報処理学会 第111回情報システムと社会環境研究会,専修大学
  116. 「SF映画の世界観の再現による拡張現実感を用いたインターフェース」, 2010年3月,情報処理学会 第111回情報システムと社会環境研究会,専修大学
  117. 「実世界上の身体性を拡張するためのe-Sports Learningシステムの提案」, 2010年3月,情報処理学会 第111回情報システムと社会環境研究会,専修大学
  118. 「黒電話をモチーフとした“想い出のデザイン”:懐かしさを喚起するディジタル・オーディオプレイヤの実現 」,2010年3月,情報処理学会 第111回情報システムと社会環境研究会,専修大学
  119. 「フォルダ操作における“情報の記憶”の視覚化」, 2010年3月,情報処理学会 第111回情報システムと社会環境研究会,専修大学
  120. 「直感性を考慮したファイル操作システム 」,2010年3月,情報処理学会 第111回情報システムと社会環境研究会,専修大学
  121. 「An AJAX-Based Cooperative Textbook/Examination Edit System」,2009年7月,International Conference on Frontiers in Education: Computer Science and Computer Engineering, USA
  122. 「A Long Distance Tutoring System in Software Engineering Education」,2009年7月,International Conference on e-Learning, e-Business, Enterprise Information Systems, and e-Government, USA
  123. .「e-Sportsの現状分析に基づく身体性とその拡張に関する研究」, 2009年12月,第4回JPCATS全国大会,慶応義塾大学,コンピュータ利用技術学会
  124. 「昭和と平成を融合する“想い出のデザイン”の試み」, 2009年12月,第4回JPCATS全国大会,慶応義塾大学,コンピュータ利用技術学会
  125. 「“情報の記憶”を表現するフォルダシステムの提案」, 2009年12月,第4回JPCATS全国大会,慶応義塾大学,コンピュータ利用技術学会
  126. 「リアルタイム実写映像と三次元グラフィックスの融合による辞書システムの提案」,2009年12月,第4回JPCATS全国大会,慶応義塾大学,コンピュータ利用技術学会
  127. 「携帯電話における“進化・成長するインターフェイス”システムの提案 」,2009年3月,情報処理学会 第107回情報システムと社会環境研究会,専修大学
  128. 「Famindows:旧世代ゲーム機を利用した現世代コンピュータの実現」, 2009年3月,情報処理学会 第107回情報システムと社会環境研究会,専修大学
  129. 「大学生のカンニング/不正行為の傾向分析とその抑止のシステムの提案」, 2009年3月,情報処理学会 第107回情報システムと社会環境研究会,専修大学
  130. 「企業におけるリスクマネジメント支援システム 」,2009年3月,インタラクション2009,情報処理学会
  131. 「大学におけるカンニング/不正行為抑止システムのモデル化の試み」, 2009年3月,第71回情報処理学会全国大会,立命館大学
  132. 「類推思考活動を主とした効果的なソフトウェア工学教育理論の開発」, 2009年3月,第71回情報処理学会全国大会,立命館大学
  133. 「地域振興促進を目的とした観光情報システム 」,2009年3月,第71回情報処理学会全国大会,立命館大学
  134. 「A Negotiation- based Multi Step Lecture Allocation Method」,2008年6月,The 21th International Conference on Industrial, Engineering & Other Applications of Applied Intelligent Systems (IEA/AIE), Poland
  135. 「計算機におけるアンビエント・ユーザ・インターフェース概念の有用性の検討」,2008年12月,第3回JPCATS全国大会,日本女子大学,コンピュータ利用技術学会
  136. 「“成長するユーザ・インターフェース”を持つ携帯電話の提案 」,2008年12月,第3回JPCATS全国大会,日本女子大学,コンピュータ利用技術学会
  137. 「“むかしの遊び”の再生・再構築による新感覚アミューズメント装置の開発」,2008年12月,第3回JPCATS全国大会,日本女子大学,コンピュータ利用技術学会
  138. 「大学生を対象としたカンニング行為の抑止・防止システムの検討」, 2008年12月,第3回JPCATS全国大会,日本女子大学,コンピュータ利用技術学会
  139. 「業務報告書作成のためのオンライン共同文書作成システム」, 2008年12月,第3回JPCATS全国大会,日本女子大学,コンピュータ利用技術学会
  140. 「職業教育に特化した講義・進路情報推薦システム」, 2008年12月,第3回JPCATS全国大会,日本女子大学,コンピュータ利用技術学会
  141. 「大学内の情報の収集/統合/再利用に基づく学生の修学サービス支援機構」, 2008年12月,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2008(JAWS 2008)
  142. 「大学における多様な知識を再利用/統合したキャリアサービスシステム 」,2008年8月,平成20年 電気学会 電子・情報・システム部門大会
  143. 「情報プッシュ型メディアとしてのライブラリモデル 」,2008年3月,第70回情報処理学会全国大会,筑波大学
  144. 「情報デザインの理論的枠組のライブラリモデルへの適用 」,2008年3月,第70回情報処理学会全国大会,筑波大学
  145. 「多属性評価を用いたGVAベース教授環境割当手法 」,2008年3月,第70回情報処理学会全国大会,筑波大学
  146. 「選択科目における多段階的交渉に基づいた講義割当手法 」,2008年3月,第70回情報処理学会全国大会・筑波大学
  147. 「組織におけるリスク管理教育支援システム 」,2008年1月,電子情報通信学会,教育工学研究会
  148. 「Web-based Interactive Document Editor System for Academic Knowledge Management」,2007年11月,2nd International Conference on Knowledge, Information and Creativity Support Systems, Ishikawa, Japan
  149. 「SDSS: A Strategy Decision Support System in Distributed Campus Information Systems」,2007年9月,20th International Conference on Parallel and Distributed Computing Systems (PDCS 2007), USA
  150. 「“Less is more”としての情報デザイン-ミニマル・デザインとしてのFontArt-」, 2007年9月,エンターテインメント・コンピューティング2007, 情報処理学会
  151. 「Ie-webに基づくIDKCC概念の設計 2007年9月,エンターテインメント・コンピューティング2007, 情報処理学会
  152. 「学務情報処理システムにおける選択科目クラス編成支援の実現と効果」, 2006年9月,第5回情報科学技術フォーラム, 情報処理学会
  153. 「遠隔地間ユーザのための協調的論文作成支援システム」, 2006年9月,第5回情報科学技術フォーラム, 情報処理学会
  154. 「研究者ニーズに対応した多層式情報検索手法の提案」, 2006年9月,第5回情報科学技術フォーラム, 情報処理学会
  155. 「研究者支援のための学術ポータルサイトの開発」, 2006年9月,第5回情報科学技術フォーラム, 情報処理学会
  156. 「通信制大学における協調的論文作成/指導支援システムの実現」, 2006年3月,平成18年度 電子情報通信学会総合大会,国士舘大学,電子情報通信学会
  157. 「ボトム・アップ型Web システム“Ie-Web”による遠隔間共同研究支援の実現 」,2006年3月,平成18年度 電子情報通信学会総合大会,国士舘大学,電子情報通信学会
  158. 「選択科目における交渉に基づいた講義時間割当法の提案 」,2006年3月,平成18年度 電気学会全国大会,横浜国立大学, 電気学会
  159. 「Ie-Webに基づいた遠隔間の共同研究支援システムの提案」, 2006年3月,平成18年度 電気学会全国大会,横浜国立大学, 電気学会
  160. 「相互編集機能を持つWebベース協調的論文作成支援システムの提案 」,2006年3月,第68回情報処理学会全国大会,工学院大学, 情報処理学会
  161. 「相互編集型協調的文書作成システム“Ie-Web”」, 2005年12月,人文科学とコンピュータシンポジウム2005,東京大学,情報処理学会
  162. 「OTAKU Vision:実画像の漫画表現への拡張 」,2005年9月,NICOGRAPH 論文コンテスト・筑波大学
  163. 「OTAKU Visionの提案-実画像と漫画表現の融合を目指して-」, 2005年9月,エンターテインメント・コンピューティング2005,関西学院大学,情報処理学会
  164. 「実画像を用いた特定シチュエーションにおけるトゥーンエフェクト」, 2005年9月,第4回情報科学技術フォーラム, 情報処理学会
  165. 「携帯型ゲーム機を利用した教育施設用アセスメント・ナビゲーションシステム」,2005年3月,電子情報通信学会総合大会,大阪大学,電子情報通信学会
  166. 「A Lecture Allocation Method in Class Organization Support System」2005年5月, The Third International Conference on Active Media Technology(AMT2005) , Kagawa, Japan
  167. 「An Assessment - Navigation Support System in Social Educational Facilities」2005年5月, The Third International Conference on Active Media Technology(AMT2005), Kagawa, Japan
  168. 「ユーザの効用に基づく選択科目におけるクラス編成手法について 」,2005年3月,電子情報通信学会総合大会,大阪大学,電子情報通信学会
  169. 「教育施設でのナビゲーションのための携帯ゲーム機用アプリケーションの試作」,2005年3月,第22回パソコン利用技術研究集会,東海大学短期大学部高輪校,パーソナルコンピュータユーザ利用技術協会
  170. 「情報メディア学科におけるコンピュータリテラシ系科目でのCG関連教育 」,2005年3月,第22回パソコン利用技術研究集会,東海大学短期大学部高輪校,パーソナルコンピュータユーザ利用技術協会
  171. 「選択科目問題の矛盾と解決に向けて-選択科目クラス編成支援システムの実現-」,2005年3月,第22回パソコン利用技術研究集会,東海大学短期大学部高輪校,パーソナルコンピュータユーザ利用技術協会
  172. 「多属性効用理論に基づく選択科目のクラス編成支援システムの提案 」,2004年8月,2004PC カンファレンス,神戸大学,コンピュータ利用教育学会
  173. 「ブースをフロアへとシームレスに拡張するWearable DJ システム」,2003年1月,エンターテインメント・コンピューティング2003,大阪コスモスクエア,情報処理学会
  174. 「テクノ・ミュージックの変容-その可能性と技術-」, 2002年12月,日本ポピュラー音楽学会第14 回大会,大東文化大学, 日本ポピュラー音楽学会
  175. 「情報教育におけるインターネット・アクセシビリティ-情報発信のためのWeb Experience Design-」, 2002年11月,日本教育工学会第18回全国大会論文集,長岡技術科学大学,日本教育工学会
  176. 「機能統合DJ システムによるDJ パフォーマンスの支援とその可能性」, 2002年10月,情報処理学会音楽情報科学研究SIGMUS47,北陸先端科学技術大学院大学,情報処理学会
  177. 「『都市の雑踏』におけるアンビエント環境醸造」, 2002年10月,第18 回NICOGRAPH 論文コンテスト,名古屋
  178. 「教師の複眼的視点維持による創造的教育支援システムの提案 」,2002年8月,2002PCカンファレンス,早稲田大学,コンピュータ利用教育学会
  179. 「視覚障害者にもアクセシブルなWebsite 構築 」,2002年3月,電子情報通信学会総合大会論文集, 早稲田大学,電子情報通信学会
  180. 「教育情報のオープンソース/オープンコンテンツ実践に向けた一提案 」,2001年11月,日本教育工学会第17回全国大会論文集, 鹿児島大学, 日本教育工学会
  181. 「サイエンスリテラシー-科学的識字教育-」, 2001年9月,日本社会教育学会第49 回全国研究大会要旨集録,中央大学,日本社会教育学会
  182. 「知識社会における情報教育の一提案 」,2001年9月,日本社会教育学会第49 回全国研究大会要旨集録,中央大学,日本社会教育学会