東洋大学 総合情報学部『メディア概論(春学期・1クォータ)』は、メディア領域全般を対象にした1年次から受講が可能な専門科目です。
(2015年度までの「映像メディア概論」から名称変更)


本講座は、テレビ/マスコミ/映像/エンターテインメントを中心としたメディア業界に関心を持つ学生を対象とした実践型教育プログラムです。
全ての講義に、第一線で活躍するディレクター/プロデューサー/キャスター/放送作家/プランナー/カメラマン/映像編集者/雑誌編集者などを外部講師として招聘し、外部講師と藤本准教授とのダブルティーチング体制でインタラクティブに展開します。
テレビ業界/映画業界等の映像メディア業界の第一線で活躍する人材を講師に迎え「観る側」から「創造する側」へ、「提供される側」から「提供する側」へをキーコンセプトに、実践的な知識を学ぶ事ができます。


とりわけ、テレビ/広告/映画等・映像メディア業界への進路を目指す学生のみなさんを受講者として想定し、メディア業界への「夢」を現実のものとすべく、「実践力」にこだわったカリキュラムを構築しています。




  • メディア産業の構造
  • メディアの創り方
  • ※本講義のプロデュース全般
藤本貴之(ふじもと・たかゆき)
東洋大学 総合情報学部・教授。博士(学術)
本講座『メディア概論(春学期)』、『映像メディア作成技法(秋学期)』の担当教員兼総合プロデュース。
情報デザイン論およびメディア構造論が専門。
早稲田大学教育学部卒業後、北陸先端科学技術大学院知識科学研究科知識社会システム学専攻博士前期課程修了。
最先端のメディア研究・メディア技術の知見に基づいた現代進行形の社会分析・若者文化マーケティングの成果を、リアル・ビジネスで実践するなど、学術研究だけにとどまらない産学を架橋する幅広い活動をしている。

主な著書に「DeNAと万引きメディアの大罪」(宝島社)、「だからデザイナーは炎上する」(中央公論新社)、「アイデアを脳に思いつかせる技術」(講談社)、「情報デザインの想像力〜イメージの史学〜」(現代数学社)、「映像メディアのプロになる」(筑摩書房新社)、「E-Activity and Intelligent Web Construction:Effects of Social Design」(IGI Global)などがある。

[ホームページ]http://www.fujimotokyo.com
[twitter]@fujimotokyo
[Facebook]@takayuki.fujimoto.52




  • オリジナルな発想の創り方
  • 次世代メディア・ビジネスの技術
安達元一(あだち・もといち)放送作家。小説家。
1965年、群馬県生まれ。1987年、早稲田大学社会科学部卒業。
視聴率20パーセントを超えるヒット番組を数多く構成することから「視聴率200パーセント男」の異名をとる。
放送作家としての受賞暦は第42回ギャラクシー賞大賞「吹奏楽の旅」、国連平和映画祭2007特別賞「一宿一通」、第49回国際エミー賞「たけしのコマネチ大学」など。
主な構成番組には「SMAP×SMAP」「とんねるずのみなさんのおかげでした」「奇跡体験!アンビリーバボー」「笑っていいとも」(以上、フジテレビ系)、「踊る!さんま御殿」「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」(以上、日本テレビ系)、「ドラえもん」(テレビ朝日系)などがある。

主な著書に「視聴率200%男」光文社(2001)、「黄金のアイデア」扶桑社(2004)、「ワンナイト・ラヴ」角川春樹事務所(2004)、「アイデアを脳に思いつかせる技術」講談社(2013)など、多数。
処女小説「LOVE GAME」(幻冬舎)は読売テレビにて連続ドラマ化された。
[ホームページ]http://www.adachimotoichi.com
[twitter]@motoichiadachi
[Facebook]@motoichi.adachi.3




  • 女優・タレントという仕事
小川麻琴(おがわ・まこと)アプリプロデューサー/モーニング娘。OG
1987年、新潟県出身、27歳。
2001年8月、高橋愛、紺野あさ美、新垣里沙と共に、モーニング娘。5期メンバーに選ばれ、「Mr.Moonlight〜恋のビックバンド〜」でデビュー。
2006年にモーニング娘。卒業後、ニュージーランドへ語学留学。(テクソルを取得。TOEIC800点)帰国後、舞台中心に活動しながら、2011年1月ドリームモーニング娘。を結成。春、秋の全国をツアー行い、2012年3月武道館にて、ドリームモーニング娘。第一章終幕を迎える。
2015年3月末日をもって、デビュー以来所属していたアップフロントグループを退社。芸能活動を休止し、新たな境地を切り開くための様々な活動・計画を準備、推進中。
アプリプロデューサーとして、オリジナルスマ・アプリ『小川麻琴のベーグルなび!』をリリース。

[ホームページ]http://ogawamakoto.net
[twitter]@1029makoto




  • 新しいメディアのあり方
  • 絵本とメディア
西野亮廣(にしの あきひろ)絵本作家・タレント・お笑いコンビ「キングコング」
1980年、兵庫県出身。
お笑いコンビ『キングコング』のツッコミ、ネタ作りを担当。人気お笑いコンビとしてテレビ・舞台などを中心に活躍。
タレント活動と平行しつつ、最近では、絵本作家・メディアクリエイターとしても活動開始。2013年2月には、ニューヨークのトライベッカ「One Art Space」で初の海外絵本絵画展「Akihiro Nishino Solo Art Exhibition」を開催。同年11月には「TDW ART FAIR 2013」の「小川登美夫賞」「川崎健二賞」も受賞。

★主な著書
「グッド・コマーシャル」(2010・幻冬舎)
「嫌われ西野、ニューヨークへ行く」(2013・宝島社)
「Dr.インクの星空キネマ」(2009・幻冬舎)
「ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス」(2010・幻冬舎)
「オルゴールワールド(原案:タモリ)」(2012・幻冬舎)

★主な受賞
第30回NHK上方漫才コンテスト最優秀賞(2000)
第22回ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞(2001)
第36回OBC上方漫才大賞新人賞(2001)
第30回YTV上方お笑い大賞最優秀新人賞(2001)


[ブログ]http://ch.nicovideo.jp/nishinokouron
[twitter]@nishinoakihiro




  • テレビ番組プロデュースの裏側
富田茂(とみた・しげる)
(株)TBSビジョン 執行役員・制作本部長
1959年9月3日生
1982年 日本大学芸術学部卒
ドラマ制作を経て、1994年(株)TBSビジョン入社(制作局番組制作部)

主な担当番組
「そこが知りたい」レギュラー
「報道スクープ決定版」
「世界遺産」初代ディレクター
「スパスパ人間学」レギュラー
「地雷ZEROキャンペーン」など、多数。
報道、情報番組を中心に演出、プロデュースを担当

[twitter]@Tkyoujyu
[Facebook]@shigeru.tomita.73




  • テレビ制作
  • プロデュース
鴨下 潔(かもした・きよし)テレビプロデューサー/(株)TBSビジョン 制作本部・制作一部長

1966年3月生まれ、1988年4月TBSビジョン入社。現在「情報7day's ニュースキャスター」(毎週土曜夜22:00〜23:30)プロデューサー。これまでも情報、報道、バラエティーと幅広く演出を手がける。

<これまでの主なレギュラー番組>
  • 世界遺産(1996〜2000で合計17本 TBS、ディレクター)
  • さんまのスーパーからくりテレビ(1998〜2002 TBS、演出)
  • サンデージャポン(2001〜04 TBS、チーフディレクター)
  • 朝ズバッ!(2005〜07、2008 TBS、総合演出)
  • クイズ日本語王(2005〜06 TBS、総合演出)
  • BBCアース2010、2011(WOWOW、総合演出)
  • 革命テレビ(2010〜2011 TBS、総合演出)
  • 原宿ネストカフェ(2012〜2013 TBS、総合演出・ドラマ演出)
  • 新・情報7Daysニュースキャスター(2014〜現在 TBS プロデューサー)
<主な単発・特番>
  • さんま玉緒のあんたの夢かなえたろかSP(1998〜2002 TBS、ディレクター・演出)
  • 芸能スクープ50年史(2003〜04 TBS、総合演出)
  • 日本語チャンピオン決定戦(2005 TBS、総合演出)
  • パナソニック・スペシャル〜地球新世紀(2006〜07 TBS、総合演出)
  • 華麗なるマジシャン!ピーター・マービー(2006〜07 TBS、総合演出)
  • キヤノン・スペシャル〜幻のアンデス黄金文明 (2007 TBS、総合演出)
  • BS−TBS開局10周年特番(2010 BS-TBS、総合演出)
  • 屋上のあるアパート(2011 TBS、ドラマ・助監督)
  • 居酒屋もへじ(2011 TBS、ドラマ・助監督)
  • WOWOW開局前夜〜生涯ベストソング100(2011 WOWOW、総合演出)
  • 乱〜総選挙2012(2012、13、14 TBS、演出)
  • なぜ母は殺人者に(2014 TBS ドラマ演出)
  • 財宝伝説は本当だった!(2014、2015、2016 総合演出)
  • TBSテレビ開局60周年特別企画“ものづくり日本の奇跡”(2015 総合演出)
  • 百年の計、我にあり(2016 TBS ドラマ演出)
  • 遥かなる満州〜ラストエンペラーが見た夢の彼方(2015 BSTBS 総合演出)
<映画>
  • アリのままでいたい(2015 東映 監督)




  • 雑誌で作るファッションブーム
  • 雑誌メディアって何だ?!

篠原恒木(しのはら・つねき)前『JJ』誌編集長・(株)光文社
1960年8月24日生まれ、東京都出身。
早稲田大学卒業。
1983年に光文社に入社後、「女性自身」編集部に13年在籍、新雑誌開発室などをはさみながら、1999年から現在にわたって3度「JJ」の編集長を務める。
10年7月号に初めて「おしゃP」を特集し、一気にブームに。
その動向により、「第一回雑誌大賞」の「TREND MAKE MAGAZINE賞」を受賞した。



[ブログ]http://ameblo.jp/jj-shinohara/
[twitter]@JJshinohara




  • 企画の立て方、創り方
  • 企画書の書き方
高橋秀樹(たかはし・ひでき)放送作家
1955年山形県生まれ。早稲田大学第一文学部中退。
放送作家として、バラエティー番組、情報番組を中心に、幅広く活躍中。
主な担当番組は、
『オレたちひょうきん族』『欽ドン!良い子悪い子普通の子』『ぴったしカン・カン』『クイズ100人に聞きました』『笑ってる場合ですよ』『お笑いマンガ道場』『世界まるごとHowマッチ』『風雲たけし城』『コロンブスのゆで卵』『所さんのただものではない』『ギミアぶれいく』『スペースJ』『世界遺産』『報道スクープ決定版』『オールスター感謝祭』『王さまのブランチ』『はやく起きた朝は』『はなまるマーケット』 『朝ズバッ!』『さんまのスーパーからくりTV』『イブニングワイド』・・・などなど、人気番組多数。

★主な著書に、『中学受験で子供と遊ぼう』文春文庫・日経ビジネス人文庫、『父と子の中学受験ゲーム』朝日新書、『先生で選ぶ中高一貫校』日経出版など、多数。

[Facebook]@hideki.takahashi.77377




  • CMと広告メディア
伊藤洋介(いとう ようすけ)ミュージシャン、作家、CMクリエイター
1963年、大阪市に生まれ。
1988年、慶應義塾大学理工学部を卒業後、山一證券(株)へ入社。同社在籍中、秋元康氏のプロデュースにより「シャインズ」としてデビュー。現役サラリーマンのデュオがバブルを風刺した楽曲を歌うユニークさで話題となった。

会社員とアーティスト活動を両立することが山一證券が難色を示したことから退社。その後、森永製菓(株)へ転職し、同社の広告部でCM制作・マーケティング立案業務に従事。
一方で2人組の新ユニット・東京プリンを結成し再デビュー。全楽曲の作詞を手がけ、代表曲である「携帯哀歌」は日本有線大賞音楽賞を受賞した。
また、2013年の参議院選挙のネット選挙解禁に伴い、史上初の「ネットだけで選挙戦を戦う候補者」として立候補して注目を集めた。
★主な著書
「上司は部下の手柄を奪え 部下は上司にゴマをすれ」(幻冬舎新書)


[Blog]http://ameblo.jp/itoyosuke-jp/
[Twitter]@itoyosuke_jp




  • 女性が創るメディア
瀬崎一世(せざき・かずよ)
(株)イースト・エンタテインメント・企画推進室室長
元・日本女性放送者懇談会・会長
1959年生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。
1983年、番組制作会社(株)イーストに入社、現在に至る。
「世界まるごとHOWマッチ」(毎日放送)のADを皮切りに「ジャングルTV タモリの法則」(毎日放送)、「たけしの誰でもピカソ」(テレビ東京)などバラエティー番組のプロデュースを中心に担当。
激務を極めるメディア業界において、結婚・出産・育児をこなしつつ、現在まで、第一線で活躍している。
立ち上げた番組は『額縁をくぐって物語の中へ(NHK BS)』、『たけし★アートビート(NHK BSP)』、『北野演芸館』(TBS系)『ニッポンのミカタ』(テレビ東京)『ザ・プロファイラー』(NHK BSプレミアム)など。
主な著書に「放送ウーマンの今」ドメス出版(2011.3)

[ホームページ]http://sjwrt.org




  • 政治とメディア
水野友貴(みずのゆうき)
千葉県議会議員(無所属)
1983年、千葉県我孫子市根戸生まれ、白山育ち。小〜中までLA在住。
津田塾大学国際関係卒業。
2005年、東証一部上場企業入社 秘書部秘書課配属 代表取締役副社長、専務、監査役秘書を経て、フジテレビ報道局勤務。
2010年、「BSフジLIVE PRIME NEWS」キャスティング担当。
2011年、千葉県我孫子市市議会議員選挙、初出馬初当選。
2015年、千葉県議会議員選挙に出馬し、当選。
ソーシャルメディアやITメディアを駆使した選挙活動・政治活動を特徴とすることから、SNS議員と呼ばれている。
行政のIT化・情報見える化をめざし、我孫子市に我孫子市Facebook を導入させたことでも話題となった。


[ホームページ]http://www.mizunoyuuki.com
[Blog]http://ameblo.jp/yuukimizuno/
[FaceBook]@100000112287515
[Twitter]@yuukitten




  • 映像編集の技術
  • 映像編集者の仕事
永谷喜美雄(ながや・きみお)映像編集者
音響芸術専門学校卒業後、(株)東京サウンドプロダクションのエディターとして活躍。その後独立し、フリー・エディターとして活動したが、2000年、(株)V Vision設立に参加。
部長として技術部門を統括する。現在は再びフリーランスで様々な番組を手掛ける。

編集を担当している主な番組には、
『食彩の王国』『地球号食堂』『素敵な宇宙船地球号』『ゾマホン故郷ベナンを救え』『地球危機』『空から見た地球1&2』『スーパーテレビ情報最前線』『救急病院24時系』『お水の花道』『徳川埋蔵金』『警察24時』
・・・など、その他、多数。

[Facebook]@nagaya.kimio






東洋大学 藤本研究室


(C)2016,Fujimoto Lab. Toyo University, All Rights Reserved.