• 画像img1:slide1
  • 画像img2:slide2
  • 画像img3:slide3
  • 画像img4:slide4
  • 画像img5:slide5
  • 画像img6:slide6


【個展】川越市立美術館「スキャモルフォーゼ展」(2015/1/25-2/1)

スキャモルフォーゼ展 ~これはCGではない。~
[1st. Exhibition “The Scamorphose – This is NOT CG -“]

安達元一[放送作家]× 藤本貴之[東洋大准教授・博士(学術)]
Motoichi Adachi(Program Writer) & Takayuki Fujimoto(Ph.D)

放送作家・安達元一とメディア学者・藤本貴之が生み出す、360度イメージスキャナを使ったまったく新しいメディア・アート。CGによる写真の加工のように見えるこれら作品は、全てが加工を施していないリアルタイムで生成されたデジタルイメージ。CG全盛の今だからこそ、「スキャモルフォーゼ」はCG加工では絶対に再現不可能な、まったく新しい視覚表現の可能性を模索する。

 

  • 2015年1月29日(木)~2月1日(日)|川越市立美術館[〒350-0053 川越市郭町2-30-1|電話番号:049-228-8080]

art01

 

 

 

art02

STAFFFIDO • 2015年7月20日


Previous Post

Next Post