• 画像img1:slide1
  • 画像img2:slide2
  • 画像img3:slide3
  • 画像img4:slide4
  • 画像img5:slide5
  • 画像img6:slide6


【科研費(2017〜2020)】デザインにおける「パクリ」の発生要因とその抑止:「パクリ」と模倣・剽窃の差異

藤本(研究代表者)の研究課題「デザインにおける「パクリ」の発生要因とその抑止:「パクリ」と模倣・剽窃の差異」が日本学術振興会・科学研究費助成事業(科研費)に採択されました。研究期間は2017〜2020です。